観賞用チョウザメの廣島蝶鮫 | 【プレット-Puret-】プレゼント・贈り物・お取り寄せ専門情報サイト
  

 
 

廣島蝶鮫

 
    
 
廣島蝶鮫
メイン

チョウザメとは?

チョウザメは、海のサメとは違う古代魚です。背中や体側には縦一列に並ぶ骨のように硬いウロコは蝶々が羽を広げているように見えることなど、 サメに似た特徴がたくさんあり、チョウザメ(蝶鮫)と名前が付きました。
卵はキャビアとして有名ですが、飼育用としても人気があります。

メッセージ

広島県湯来町のチョウザメ専門の養殖場で大切に育てています。 数千日の中から観賞用に向いた個体を厳選し、皆様へお届けします。

チョウザメは、成長すると1メートルを超える大型魚であり、50年以上も生きる長寿の魚ですので、 気に入った個体をご購入いただき、それぞれの環境でペットとして永く楽しんでいただきたいと思っております。

廣島蝶鮫 代表 藤本
チョウザメ養殖場のご紹介

山林に囲まれた養殖場

広島の奥座敷「湯来町」…。 その中心部から更に山道を遡ったところに廣島蝶鮫の養魚場があります。
以前はニジマス・ヤマメ等の渓流魚の養殖をしていた池をそのままチョウザメ用に変えて利用しています。
新しい水を好むチョウザメにとって流水飼育のできる渓流魚用の池は最適で、大小数千尾のチョウザメが泳ぎ回っています。 廣島蝶鮫では、チョウザメ養殖の盛んな海外の地域から、受精卵・孵化仔魚(ヨークサック)・稚魚(5㎝)で大量に輸入し育成しています。
食用販売も行っている「養魚場直売の観賞魚」という強みを活かし、水とエサにこだわって大切に育てたチョウザメを1尾ずつお届けします。

チョウザメ養殖場 チョウザメ養殖場 チョウザメ養殖場
チョウザメ養殖場 チョウザメ養殖場 チョウザメ養殖場

チョウザメと遊ぼう!チョウザメパーク

チョウザメパーク 世界でも稀なチョウザメのテーマパーク「チョウザメパーク」が2013年4月に広島県湯来町にオープンしました。

ベステル・ホシチョウザメ・アルビノコチョウザメ・ヘラチョウザメ・アトランティックスタージョンなど、 カスピ海、黒海、ミシシッピ川など世界各地に生息するチョウザメが大集合!

▶ご案内ページへ

チョウザメパーク チョウザメパーク チョウザメパーク チョウザメパーク



チョウザメの種類

チョウザメの種類(一部)

ベステル ベステル
日本国内で一番よく飼育されている種類で、食用に改良された品種です。 観賞用としても人気が高く、当養殖場で最も多く販売している種類です。

シベリアチョウザメ シベリアチョウザメ
茶色っぽい体色です。長く伸びた鼻先、背中の盛上りに合わせてゴツゴツとした 硬鱗が頭から尻尾にかけて並び、迫力があります。稚魚の頃から丈夫で飼育し易い種類です。

ホシチョウザメ ホシチョウザメ
他の種類のチョウザメと違って特徴的なのは細身の体形です。 水槽の中を常に泳ぎ回るため、観賞魚として人気のある種類です。

アトランティックスタージョン アトランティックスタージョン
細身ですが、古代魚らしいゴツゴツした大きめの硬鱗と丸っこい胸ビレが特徴です。 日本ではあまり馴染みのない種類ですが、最大で4m近くの大型になる種類です。

アルビノコチョウザメ アルビノコチョウザメ
育てやすく、見た目がきれいなチョウザメなので人気があります。 また、アルビノは繁殖が少し難しいようで、希少価値の高い種類です。

ハイブリッド ハイブリッド
チョウザメのハイブリットと言えば日本ではベステルが有名ですが、 現在世界の先進地では食用・キャビア採卵用にハイブリットが盛んに作られています。

チョウザメの飼い方

チョウザメの飼い方



 
【店舗名】 廣島蝶鮫
【住所】 〒738-0721
広島県広島市佐伯区湯来町大字多田214
【TEL】 0829-85-0257
【FAX】 0829-85-0260
【営業時間】 10:00~17:00
【定休日】 火曜日
 
 
 

※ 掲載されておりますページは本サイトでの店舗紹介ページです。リンク先での店舗・商品情報につきましては各店舗様へ直接お問い合わせ下さい。
商品の発送やお支払い方法に関しましては各ショップに依拠します。リンク先のショップサイトにてご確認下さい。